joint-care

スマートフォンを持つ人

2018/02/13

スマホ肘とは?その痛みの改善方法

AKIRA AKIRA

健康運動指導士
NACA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト

医療機関に従事しながら、これまで生活習慣病に関してや健康のための運動、筋力トレーニングについて等、健康やからだに関する内容を中心に数多くの記事を執筆している。

1日のうち、スマホや携帯電話を触る時間はどれくらいですか?

最近では電車やバスの中、カフェやレストランなどどこでもスマホを操作している人をみかけます。
無意識にスマホを触ってしまう“スマホ依存症”という言葉も生まれています。

スマホを操作するときに肘に痛みや違和感がある方はいませんか?
そのような方は、「スマホ肘」を発症している可能性があります。

「痛みがないから大丈夫」と思っている方も、スマホ操作時間が長いと隠れスマホ肘(またはスマホ肘予備軍)の可能性大です。
今回は、現代病ともいえる「スマホ肘」についてご紹介します。

スマホ肘とは

スマホを持つ女性

スマホ肘とは、スマホを持つように肘を曲げた時に肘に痛みが生じる障害を指します。
正式には「上腕骨外側上顆炎」と「上腕骨内側上顆炎」といいます。

これらはいわゆる「テニス肘」や「ゴルフ肘」と同じ障害です。
スマホ肘の場合は、テニスやゴルフのような大きな負荷はかかりませんが、毎日同じ動作のくり返しで同じ部分に負担がかかり続けることで発症してしまいます。

スマホ肘の症状

スマホを操作しようと指を動かすと痛い、肘を曲げると痛い、雑巾を絞ると痛い、ドアのぶを回すと痛い、鞄を持ち上げようとすると痛いなど、主に指、手首、肘を動かしたり負荷がかかったりしたときに痛みが生じます。

基本的に安静時には痛みはありませんが、症状が悪化すると患部が熱をおびたり、腫れたりすることもあります。

肘の辺りを触った時に痛みを感じる場合も要注意です。
痛みだけでなく、肘まわりに違和感がある場合は、スマホ肘の恐れがあります。

スマホ肘の原因

スマホを見る人

スマホ肘の原因はスマホの操作のし過ぎです。
特に片手でスマホを持ちながら、持った手の親指で操作すると特に負担がかかりやすくなります。

原因を詳しく説明すると、前腕(肘から下の部分)には主に手首を反らせる動作で使われる伸筋と、手首を曲げる動作で使われる屈筋があります。
それらの筋肉は腱を通して肘の内側と外側の骨に付着します。

この筋肉と骨の付着部位が腱と呼ばれ、筋の使いすぎによって腱に負担がかかることで、腱の部分に炎症が生じます。

この腱の炎症が、スマホ肘の原因なのです。

スマホ肘の予防法

スマホ肘の予防法は、スマホを必要以上に操作しないことです。

特に普段ラケットスポーツや投球動作、ゴルフなど肘を使ったスポーツを行う方や、仕事でパソコンをよく使用する方は、スマホ操作時以外でも筋肉や腱に負担をかけている状態が続いている為、要注意です。

また腕が疲れてきたと感じたり、一定時間スマホを操作した後は腕のストレッチを行うのも予防に効果的です。
ストレッチは、手首を反らせるようにして行います。

このとき肘は伸ばしたまま、反対の手や壁や机などを使って、強制的に手首を反らせます。
痛みが出ない範囲で、伸びている感覚が得られるくらいの強さで伸ばしていきます。

指も同時に広げると、周囲の他の筋肉も伸ばすことができます。

他にも、スポーツ用の肘のサポータやテーピングをして筋肉と腱の負担を軽減する方法もあります。
長袖であれば服の下で見えないので、良いかもしれません。

スマホ肘になってしまったら

肘を抱える

肘の痛みを感じたら、腱の炎症を抑えるためにまずは安静にしなければなりません。
医療機関を受診することもおすすめですが、おそらく安静の指示が出るでしょう。

炎症部分の安静とはつまり、肘の曲げ伸ばしや重い荷物を持たないこともそうですが、何よりも原因となったスマホを必要時以外は触らない、操作しないということです。

スマホ肘のほとんどが慢性化しやすく、特にスマホ依存症(傾向)の方にとっては、スマホを使わないというメンタルトレーニングが必要かもしれません。

ふたつめの対処として、炎症部分を冷やすことが挙げられます。
肘の内側が痛いのか、外側が痛いのかを判断し、痛い部分を冷やします。

冷やすことで炎症や腫れを抑えることができるため、痛みが一時的に楽に感じられます。
しかし症状が軽減しても、完治したわけではないので、その後も安静にするなどの注意が必要です。

安静にしていても肘の痛みが一向に改善しない場合は、医療機関でレントゲンやMRIなどの検査を受ける必要があります。
無理をしたり痛みを我慢したりせずに、専門家に診てもらうのが一番の近道になるでしょう。

スマホ肘についてのまとめ

普段肘の痛みを感じるなど、スマホ肘に当てはまる項目はありませんでしたか?
スマホは現代の私たちの生活には欠かせないものになってきました。

しかし使い方を誤ったり必要以上に使いすぎてしまうと、体にとって良くない影響が出てしまうこともあります。

今一度使い方を見直し、体に負担をかけることなく、自分にとってプラスとなるよう工夫をしていきましょう。

この文章をスマホで読んでいただいた方は、読んだ後にしっかりストレッチをしておいてくださいね。