joint-care

腱鞘炎の女性

2018/06/07

  • Home
  • 手の症状
  • 腱鞘炎になったらどこに湿布を貼ると効果的なの「?

腱鞘炎になったらどこに湿布を貼ると効果的なの「?

腱鞘炎になってしまったら、痛みがある箇所に湿布を貼ると症状を改善したり、緩和させることができます。

しかし、腱鞘炎は細かく分けると様々な種類があるため、それに応じて適切な場所に湿布を貼るようにすることが大切です。
jointcare編集部 jointcare編集部

ジョイントケア編集部

腱鞘炎になる原因とその症状

腱鞘炎イラスト

腱鞘炎は、長い期間放置してしまうと症状が悪化し、指の可動域制限が生じたり、関節の拘縮が原因となって強い痛みが出ることがあります。

症状が悪化した場合には、回復するまでに時間を要してしまうため、できるだけ早期に治療を開始することが必要です。

自分で応急処置として腱鞘炎に対応する際には、湿布を貼ることによる治療が最も効果があります。

腱鞘炎とは、関節の使いすぎなどによって腱鞘に炎症が起こることを言います。

腱鞘炎になると、指の動きがスムーズにできなくなったり、指の付け根の部分に痛みや腫れ、熱感といった症状が現れるようになります。

これは、何らかの理由で狭くなったトンネル(腱鞘)を腱がスムーズに通過できなくなり、腱鞘と腱の摩擦が大きくなる結果、炎症が生じたことを原因として起こる病気です。

手には様々な種類の腱や腱鞘が存在しているため、どの場所で痛みが発生しているのかをきちんと確認することが大切です。

問題が生じている箇所を特定した上で湿布を貼らないと、十分に湿布の効果が得られず、炎症症状を抑える効果が十分に得られない可能性があります。

湿布による治療はあくまでも応急処置であるため、腱鞘炎の原因を根治できるわけではありません。

そのため、腱鞘炎の症状が悪化するより前に専門医による治療を受けることが大切です。

以下では、腱鞘炎の中でも特に多い、「ばね指」と「ドケルバン病」に腱鞘炎を分けた上で、それぞれに対して効果的な湿布の貼り方を説明していきます。

ばね指の処置にする湿布の貼り方

手が痛い

ばね指は、弾発指とも呼ばれ、手の指が曲がった位置で動かなくなってしまう病気です。

ばね指とは

指を曲げるための腱の一つが炎症を起こして腫れてしまい、指が動かなくなります。

多くの場合、指を曲げたときの痛み、あるいは指を曲げた後に伸びない引っかかりとして症状が現れます。

一般に、親指、中指、薬指にばね指の症状が多く現れますが、どの指にも起こりうる病気であるため注意が必要です。

指の「屈筋腱」は、前腕の筋肉が生みした力を指先まで伝える役割をしています。

この屈筋腱はその内側にある骨液によって腱の動きをスムーズにする「滑膜制腱鞘」によって覆われています。

この屈筋腱の浮き上がりを押さえる靭帯性腱鞘と呼ばれる組織は指の腹側に存在していて、トンネルのような構造になっていることから、屈筋腱をその中に通すことができます。

通常、屈筋腱は骨膜性腱鞘に覆われているため、靭帯性腱鞘のトンネルを摩擦なくスムーズに通ることができますが、屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が起きてしまうと、腱鞘炎となり、腱鞘の箇所で腱がスムーズに動かなくなってしまい、指に痛み、腫れ、熱感といった症状が出るようになります。

ばね指の場合、指を曲げるときでも、炎症を起こしている腱は腱鞘から出ることはできますが、腱の腫れがひどくなっていると指を伸ばそうとしたときに腱鞘に引っかかってしまうため、指を伸ばすことができません。

そのため、指が動かなくなり、無理に指を伸ばそうとすると腫れた部分を無理やり腱鞘の中に通すことになるため、ばね指になると、指がスムーズに動かず、ばねが弾けるように指が動いてしまいます。

腱に対する腱鞘の抵抗が強いために、指を伸ばす時にばねが弾ける様に指が伸びてしまい、このような現象は、「弾撥現象」と呼ばれ、数ある腱鞘炎の中でもばね指特有の症状となっています。

このような弾撥現象を起こすようになった指は、一般にばね指(弾撥指 snapping finger)と呼ばれます。

ばね指になる詳しい原因は現代医学でも特定されていませんが、関節リウマチや糖尿病の患者さん、透析を行っている患者さんに多くみられる病気です。

また、更年期の女性や妊娠出産期の女性にも多く見られます。

朝方にばね指の症状が強く出るものの、日中に指を使っていると症状が軽減することも少なくありません。

しかし、それは治癒しているわけではないため注意が必要です。

放置してしまうと

指が痛いサラリーマン

ばね指を長く放置してしまうと、関節の動かせる可動域が次第に固定化されてしまい、関節拘縮(関節が固まって動かなくなる症状)が起こる可能性があります。

関節拘縮は、指の先端から数えて2番目の関節に生じることが多い病気です。

特に、第2関節が屈曲している場合、ばね指の手術を行わない限り真っ直ぐにすることはできず、屈曲の症状が進行してしまいます。

ばね指となり、一度関節拘縮を起こしてしまった指は手術以外で治療を行うことが困難です。

加えて、長期に指の屈曲を放置してしまった場合には、手術を行ったとしても指が伸展しない場合もあります。

その理由は、長期間にわたって関節拘縮を放置したために、その部分の筋力が著しく低下してしまっているため、ばね指の手術をして腱鞘の圧迫を解除したとしても、指の屈曲が十分に回復しないからです。

そのため、ばね指の症状として関節拘縮が生じているような場合には、たとえ弾撥現象が生じていなくとも早めに手術を行って治療を行う必要があります。

このように、ばね指の治療においては、関節拘縮を起こすよりも前に専門的な知識のある医療機関で適切な治療を開始し、関節拘縮を避けることが大切です。

湿布のはり方

お医者さん

ばね指で湿布を貼る場合には、指の痛みのある箇所と手のひら側の腕の筋肉部分にかけて湿布を貼ることが効果的です。

湿布剤は通常指に貼るには大きいことが多いため、適当な大きさに切って使用します。

まずは湿布を指の甲側に貼り付けて指の腹側に巻き込むように貼っていきます。

指は曲げた状態ではなく、伸ばした状態で湿布を貼るようにすることが大切です。

痛みがある箇所だけではなく、指の腱や腱鞘がある部分全体を湿布が覆うようにすると効果が高くなります。

ばね指をはじめ、腱鞘炎の治療においてはまずは痛みや症状がある患部を安静にすることが重要です。

その理由は、多くの場合、腱鞘炎は手を酷使したことが原因となって生じているからです。

湿布によって炎症症状を抑えたとしても症状の改善がみられなかったり、再発を繰り返しているような場合には、専門設備の整った整形外科などの病院で診断を受けるようにすることが大切です。

ドケルバン病の時の湿布の貼り方

手首が痛い

主に母指の第2関節を伸ばす働きをする短母指屈筋腱と主に母指を広げる働きをする長母指外転筋腱が手首の背面側にある腱鞘と摩擦が生じたために生じる腱鞘炎です。

この腱鞘の部分で腱の動きがスムーズにできなくなってしまうので、手首の母指側が痛むようになり、人によっては患部が腫れるようになります。

親指を伸ばしたり、親指を横に広げようとする動作で痛みが強くなります。

親指を他の指で握りながら手首を小指側に曲げると指すような痛みが誘発されることが特徴です。

この方法は、フィンケルシュタインテスト変法とも呼ばれ、実際にドケルバン病の診断の際に使われる方法です。ドケルバン病であるかどうかを自分で調べる際には、手首を直角に曲げて母指を伸ばしたときに疼痛が増強するか否かで判断します。

ただし、ドケルバン病のように腱の炎症ではなく、関節の炎症や母指CM関節症(親指の付け根の関節の変形性関節症)の可能性もあるため、自己判断ではなく、設備が整っている整形外科など、専門的な知識を有している専門医に診断してもらったほうが確実な診断が可能です。

ドケルバン病は、妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じる病気です。

また、仕事やスポーツ活動で指を使う場面が多い人も多く発症します。

ドケルバン病は、母指を使いすぎたために腱鞘が肥厚したり、腱の表面が摩擦で削れたりして、それが患部を刺激してさらに症状が悪化する傾向にあるため注意が必要です。

ドケルバン病で手首に近い箇所が痛む場合には、手首の痛む部分と手の甲の下部に湿布を貼ることが効果的です。

手首から腕まで痛みの原因となっている筋肉は繋がっていることから、腕の筋肉の方まできちんと湿布を貼るほうがより効果的です。